首都大学東京 研究センター

首都大学東京 Tokyo Metropolitan University

コミュニティ・セントリック・システム研究センター

  • HOME
  • センターの未来像

センターの未来像

今後も、国際的ネットワークの構築と地域に根ざした有益な活動を並行して推進していく。現在、3割の研究者が外国人であるが、各国の文化の違いも含めたユーザーモデルの理解を深めていく。

ソーシャルビッグデータの共有と共同利用は、利用者からのWeb レピュテーション向上やサイテーションなどの学術的評価パラメータの向上へ結びつく。ロボットが人々の労働や負荷を代替するのではなく、個人の自立心とモチベーション、加えて他者とのコミュニケーションの動機を促す役割として、広く社会に貢献する未来を創造したい。

都市に関する整備された基盤データの管理は今後も継続し、本研究センターが育てる情報学に関する国際的な研究基盤と、実際の都市課題を扱う部門との連携を拡大した研究推進体制を構築し、国際的に著名なソーシャルロボットネットワークサービス(SRNS)の中枢を目指す。

国際会議TAAI主催の人工知能によるゲーム対戦の現場
国際会議TAAI主催の人工知能によるゲーム対戦の現場