首都大学東京 研究センター

首都大学東京 Tokyo Metropolitan University

宇宙理学研究センター

  • HOME
  • センターの未来像

センターの未来像

大きな衛星が打ち上げにくい現在の世界情勢の中で、比較的小さな衛星を使って宇宙観測する分野での日本の技術レベルは高く、国際的に注目を集めている。特に期待される成果としては、隕石や小惑星サンプルの分析から得られる太陽系初期の情報や、それを銀河・銀河団のX線観測を合わせることによる宇宙全体の起源と形成過程の解明などがある。

また、隕石に残る宇宙線の影響と超新星残骸のX線ガンマ線観測を合わせることによって、銀河宇宙線環境やその変動といった新たな研究が展開できる他、多価イオン衝突実験で得られる電荷交換反応断面積と「ひとみ」による詳細なX線スペクトルを合わせることで、宇宙の高温ガスや太陽風イオンが中性ガスと相互作用する過程の解明、星間分子イオン生成モデルの検証など成し得る成果は多岐にわたる。

本研究センターは今後、JAXA、高エネルギー加速器研究機構、理化学研究所をはじめとする多くの研究機関と綿密な連携を図りながら、宇宙の謎の解明に迫る世界を代表する宇宙理学の研究拠点を目指す。

X線天文衛星「ひとみ」 画像提供JAXA
X線天文衛星「ひとみ」 画像提供JAXA