首都大学東京 研究センター

首都大学東京 Tokyo Metropolitan University

超伝導理工学研究センター

  • HOME
  • センターの先進性

センターの先進性

本学には,超伝導に関する物質開発,物性測定,物性理論,応用研究を行う研究者が揃っているという強みがあります。本学では扱えない物質や研究手法については,外部の研究者の協力を得ることにより,分子性導体,遷移金属化合物,希土類化合物,アクチノイド化合物を対象に,物質開発,物性測定,理論研究,そして応用研究を行う超伝導総合研究センターとなることを目指します。

このような総合的研究を推進する一方で,本センターの具体的な目標の一つとして,「首都大発」の新規BiS2系層状超伝導体の研究拠点となることがあります。BiS2系の純良単結晶を育成し,精密な物性測定を行いつつ,理論研究者も協力して,発見者である水口佳一氏をはじめとする本学の研究者がイニシアティブをとって,BiS2系の超伝導研究を推進していきたいと考えています。