首都大学東京 研究センター

首都大学東京 Tokyo Metropolitan University

超伝導理工学研究センター

  • HOME
  • センターの未来像

センターの未来像

新規超伝導物質の創製と開発,物性測定,理論研究,そして応用研究への展開が本研究センターの主目的ですが,一方で,温故知新の精神も重要であると考えています。既知の物質であっても,実は多結晶試料の結果しか知られていないというケースはたくさんあります。そのような物質の純良単結晶を育成し,最先端の実験手法を駆使して精密な物性測定を行うことにより,新しい量子臨界現象,特に超伝導の発見が期待できます。ベストな試料でベストな実験を行う,というのが物性物理の基本であると考えています。本研究センターでは,この基本精神も大事にして,超伝導研究を進めていきたいと考えています。

理論研究も,新物質にだけ目を向けるのではなく,これまで研究が困難であるために取り残されてきた問題にも手をつけていきたいと考えています。たとえば,発見から30年以上が経ちますが,ウラン化合物の超伝導は微視的観点からは未だにきちんと解明されておらず,このセンター設立を契機に解決したいと目論んでいます。

将来,本研究センターが,我が国の超伝導研究の拠点の一つとして内外に認知されることを期待しています。