首都大学東京 研究センター

首都大学東京 Tokyo Metropolitan University

News and Events

ものづくりシリーズ第3回「物質探索最前線」研究会を開催

August.08 2018 超伝導理工学研究センター

新学術領域研究J-PhysicsのB01およびD01班との共催で、8月6日から7日にかけて南大沢キャンパス国際交流会館において、ものづくりシリーズ第3回「物質探索最前線」と題する研究会を開催しました。50名を超える参加者があり、22件の口頭発表と16件のポスター発表が行われ、強相関電子物質の開発を中心に、磁性や超伝導現象に関する最近の研究成果が活発に議論されました。

今回、若手研究者を奨励するために優秀ポスター賞を設けました。ポスター発表の内容が審査され、次の2名が優秀ポスター賞を受賞しました。

垣花将司(琉球大学 理工学研究科D2)
発表題目:立方晶キラル化合物EuPtSiの特異な磁気相と電子状態

石飛尊之(首都大学東京 理工学研究科M2)
発表題目:ダイヤモンド構造上の反強四極子秩序と光学ジャイロトロピー効果

懇談会におけるポスター賞授賞式