子ども・若者貧困研究センター

  • HOME
  • 主な研究成果

主な研究成果

【書籍】

  • ●雨宮処凛・萱野稔人・赤木智弘・阿部彩・池上正樹・加藤順子,2016,『下流中年
     ――一億総貧困化の行方』SBクリエイティブ.
  • ●阿部彩・村山伸子・可知悠子・鳫咲子,2018,『子どもの貧困と食格差――お腹いっ
     ぱい食べさせたい』大月書店.
  • ●阿部彩・鈴木大介,2018,『貧困を救えない国日本』PHP研究所
  • ●阿部彩,2021,『おやこで話す子どもの貧困――だれも見すてない国をつくる』日本
     能率協会マネジメントセンター.

 

【論文】

  • ●Aya K. Abe, 2017, “The Recession and the Policy Response for Child
     Poverty in Japan,” Bea Cantillon ed, Children of Austerity: Impact of the
     Great Recession on Child Poverty in Rich Countries
    , 191-218.
  • ●阿部彩,2017,「貧困とQOL:貧困と生活の質の関連とは」村山伸子・藤井誠二編
     『QOLと現代社会――「生活の質」を高める条件を学際的に研究する』明石書店.
  • ●阿部彩,2017,「子どもの貧困と健康:学校の役割」『学術会議叢書』32: 49-66.
  • ●阿部彩, 2017, 「「女性の貧困と子どもの貧困」再考」松本伊智朗編『「子どもの貧
     困」を問いなおす――家族・ジェンダーの視点から』法律文化社:57-75.
  • ●阿部彩,2019,「親から見た剥奪と子から見た剥奪~親は何をあきらめ、子は何が欲
     しいのか~」『貧困研究』22: 94-105.
  • ●Abe, Aya, 2019 “Developing Deprivation Index for Children Taking into
     Account of Adaptive Preferences”, Child Indicator Research, 12: 647-665.
  • ●阿部彩,2019,「子どもの貧困に関する調査に特化した6大学コンソーシアムの設
     立」『貧困研究』23: 125-126.
  • ●小田川華子,2020,「家賃負担が子どもの生活に与える影響」『社会政策』11(3):
     139-150.
  • ●阿部彩・松村智史,2020,「子どもの貧困対策における学習支援事業:利用者の特性
     の分析」『季刊社会保障研究』5(3): 287-300.
  • ●阿部彩,2020,「緊急事態と平時で異なる対応するのはやめよ」村上陽一郎編『コロ
     ナ後の世界を生きる――私たちの提言』岩波書店
  • ●Aya K. Abe, 2020, “Minimum Income Research in Japan: Its Development
     and Political Implications,” Christopher Deeming ed, Minimum Income
     Standards and Reference Budge: International and Comparative Policy
     Perspectives
    , Bristol: Bristol University Press, 67-82.
  • ●阿部彩,2021,「祖父母世代の貧困と孫のBMIと抑うつの関係:東京都「子どもの生
     活実態調査の分析」『日本公衆衛生雑誌』68(5): 339-348.
  • ●Yuko Kachi, Aya Abe, Hisashi Eguchi, Akiomi Inoue, and Akizumi Tsutsumi,
     2021, “Mothers’ Nonstandard Work Schedules and Adolescent Obesity: A
     Population-Based Cross-Sectional Study in the Tokyo Metropolitan Area,
     ” BMC public health, 21.
  • ●梶原豪人・栗原和樹・小山宰・近藤天之・瀧澤宏直・湯承晨・張秀賢・阿部彩,
     2021,「日本の高校生のフード・インセキュリティ:東京都「子供の生活実態調査」
     を用いた実証研究」『社会政策』13(2): 102-114.
  • ●梶原豪人,2021,「なぜ貧困家庭の子供は不登校になりやすいのか:不登校生成モデ
     ルを用いた実証研究」『教育社会学研究』109(掲載決定・2021年12月刊行予
     定).
  • ●梶原豪人・近藤天之・栗原和樹,2021,「自治体による子どもの貧困実態調査の全国
     的把握」『貧困研究』27: 85-97.
  • ●阿部彩・川口遼・梶原豪人,2022,「子どもの医療費軽減制度と子どもの健康」『医
     療と社会』31(3). 早期公開(掲載決定2022年1月刊行予定).

 

【報告書】

  • ●阿部彩, 2017「離婚と貧困の関連および離婚の子どもへの影響に関する試行的分析」
     『労働政策研究報告書』189:11-20.

 

首都大学東京 Tokyo Metropolitan University
貧困統計ホームページ
子どもの貧困調査研究コンソーシアム