子ども・若者貧困研究センター

  • HOME
  • 新刊本のお知らせ

新刊本のお知らせ

★『おやこで話す/子どもの貧困ーだれも見すてない国をつくる』阿部 彩 著

    • A5:96ページ、おとな向け解説書(別冊):20ページ

    • 出版社:日本能率協会マネジメントセンター(2021/11/10) 

     日本の子どもの貧困率は先進国の中でも高いといわれています。一時期と比べると低下してきているものの、依然として高く、コロナの影響で高まることが懸念されています。相対的貧困の生活水準で暮らしている世帯の半数がひとり親世帯であり、この世帯の生活水準が一層低下する恐れがあります。

 本書を通じて、まずはそういう現実があるということ、基本的なことを知ったうえで、親子で一緒に「貧困」や「格差」、「公平」について考えてみましょう。

 詳細はこちらからどうぞ ➡ 


 

 

★『コロナ後の世界を生きるー私たちの提言』村上陽一郎編

  • 新書:140-150pp、Ⅲコロナ禍と日本社会:阿部彩「緊急事態と平時で異なる対応するのはやめよ」阿部彩

  • 出版社:岩波書店(2020/7/21)

 本書は、様々な分野で活躍しておられる24名の方々の、生の声、現状への思索を採録した形となっている。

 詳細はこちらからどうぞ ➡ 

 

 

 

 

 

 

 

 

★『貧困を救えない国 日本』阿部彩/鈴木大介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★『子どもの貧困と食格差(お腹いっぱい食べさせたい)』

 • A5・144ページ

 • 出版社:大月書店(2018/04/13)

2016年12月に当センター主催で開催した『シンポジウム「子どもの貧困と「食」格差」:政策は何ができるか」』をまとめ、さらに新しいデータや解析を加えたものです。

詳細はこちらから

 

首都大学東京 Tokyo Metropolitan University
貧困統計ホームページ
子どもの貧困調査研究コンソーシアム