首都大学東京 研究センター

首都大学東京

ハルタゴールド

ソーシャルビッグデータ研究センター

重要な知的資源として注目されるビッグデータには、ソーシャルメディア由来のデータ(ソーシャルデータ)と実世界由来の観測データ(実世界データ)がある。これらを関連させて分析することで新たな価値が発見でき、利用者の行動分析・予測、施設・社会インフラの最適化・利便性向上などを通して、その結果を観光や防災のような重要な分野で利用できる。こうしたデータと分析行為を合わせてソーシャルビッグデータと呼ぶ。

ソーシャルビッグデータは通常、位置情報、時間情報、意味情報のすべて、または一部を持つ。例えば、ソーシャルデータは明示的な意味(コンテンツやタグ)を持ち得るが、実世界データは潜在的な意味しか持たない。一方、時間情報はデータに存在し、位置情報もGPSの発達で多くの場合はデータに存在する。ソーシャルビッグデータは有用性があるが、しかし現状ではその分析可視化には重要な課題もある。

Read More

News and Events

Archive