首都大学東京 研究センター

首都大学東京

ハルタゴールド

ナノ工学・メカノバイオロジー融合医工連携研究センター

高齢化やスポーツの興隆等により、身体の変性や損傷は近年、増加の一途をたどっている。たとえば、関節疾患の一種である変形性関節症に関しては国民の30%以上が罹患しているという報告がある。日本人の寿命は、科学技術や医療レベルの向上により、世界トップの座に登りつめたが、その分、身体を変性・損傷する確率が高まるのは当然である。生活の質、いわゆるQOLの維持・向上のためには、変性・損傷組織修復の質的レベルを向上させることが急務とされている。

Read More

News and Events

Archive